HOME > 寒いですねー(>_<)

寒いですねー(>_<)過去のお知らせ一覧を見る

こんにちはー☆
営業推進部の小倉です(*^^*)

寒い日々が続いておりますが、
みなさま体調を崩されたり等されてないでしょうか?

年末はクリスマス、忘年会など
楽しいイベント事が多くなる時期ですが、
仕事も忙しくなる方も多いので知らず知らずのうちに
カラダが悲鳴をあげる時期でもあります。
今回は睡眠について役に立ちそうな事を書きたいと思います。


皆さま、寝る時はどんな寝相で寝てらっしゃいますか?
決まった寝相じゃないと寝れない、起きたらいつも同じ寝相だとか
人それぞれあると思いますが、
カラダからのSOSサインになり、
その上悪循環となる寝相があるそうです。。

赤ちゃんのように腕をあげて寝るバンザイ寝といわれる寝相です。

赤ちゃんは体温が大人よりも0.5~1度高く、
体温調節機能も未発達なので、本能的に手をだして
うまく体温調節をしているのではないかという説がありますが、
腕を上にあげた状態は、肩の筋肉や背中上部が緩むため、
大人で肩こり・目や頭の疲れが溜まっている人がついとってしまう寝相だそうです。

実は私も小・中学生の頃から肩こりに悩まされており
(↑時期が早すぎますが。。)、
知らず知らずのうちにバンザイ寝をしてしまっています。。

このバンザイ寝にはデメリットがあるそうです。
バンザイ寝を続けていると、肩から指先にかけての動脈が引き伸ばされ、
血行が悪くなって筋肉が固くなり四十肩や五十肩の原因になるそうです。
また、気道が狭くなるそうで、通常よりも酸素不足にもなりますし、
イビキをかきやすくなります( ゚Д゚)

つまり、楽な姿勢としてこの寝相を続けていると、
疲れがとれず、疲れが蓄積されていき体調不良を引き起こすことになるのです。。

でも、寝ているときの無意識な行動なので、なおすのは難しいですよね(>_<)
お風呂はできるだけ寝る前にはいり、
寝る直前に温シップなどで目・頭・首の付け根を温める、
肩甲骨のストレッチをするなど、縮こまった腕と胸の付け根を開いて
とことん血行をよくしてから寝るようにすると自然とバンザイ寝をすることが
少なくなっていくそうです!

肩こりをお持ちのかた、朝起きた時疲れがとれないと感じる方は
寝る前に実践してみてくださいね(^◇^)

体調を崩さずに元気よく年を越せるように
カラダをいたわってあげながら頑張っていきましょう(^^♪

ページトップへ

不動産を通じてお客様の未来を創造する。
HOMEマンション経営中古マンション買取賃貸管理土地開発
会社概要お問い合せ採用情報プライバシーポリシー
Copyright© 2014 大阪で収益物件・マンション経営・中古マンション買取・なら未来レジデンス All Rights Reserved.