HOME > マンション経営

マンション経営とは?

マンションを購入し、第三者に貸して収入を得る事!

マンション経営とは、マンションを購入し、それを第三者に 賃貸して収入を得るという事です。 金融商品の金利低迷や年金不安などを背景に、 近年マンション経営は安定した収入を確保できる投資対象として 注目を集めています。 将来、余裕のある暮らしをするために 安定的で長期的な収入を得たい方におすすめです。

マンション経営の仕組みって?

マンション経営が資産運用につながる仕組み

年金問題などで自分の力で将来に備える事が今重要になってきています。しかし今銀行の金利は低くなる一方で1000万円 預けたとしても一年間に1万円の利子しかつきません。そこで元本の目減りを防ぐ事のできる不動産投資が注目されて いるのです。不動産投資では数%以上を期待できるため、効率的に資産の運用、形成を図れます。

マンション経営4つのメリット
高齢化社会の問題で年金制度の見直しや受給年齢の押し上げ など今の日本社会は老後に不安な要素が沢山あります。 そんな中少しでもゆとりある老後生活を送る為にマンション経営は 最適です。 特徴として住宅ローンを利用する事で、比較的少ない 自己資金で始められるのもメリットです。 ローン返済資金も大まかに家賃収入でカバーできるので家計への 負担も少なくなります。 ローンが完済した後は、家賃収入がそのままオーナー様の 安定した不労所得となり、私的年金となります。
住宅ローンでマンションを購入すると、「団体信用生命保険」に 加入する事になります。 この「団体信用生命保険」とは住宅ローンの支払い者が返済期間中 に死亡したり、高度障害になられた場合でもローンの残債額全額を 生命保険会社が一括で返済してくれる制度です。
つまり、万が一の時でもご家族には無借金で売却可能のマンション が残り、月々の家賃収入も入る事になります。
マンションは購入し、家賃収入を得ると、当所得は不動産所得と して課税される事になります。 しかし家賃収入を得る為に必要な諸経費(建物・設備の減価償却費 やローンの金利、管理費など)が認められます。 この必要経費が家賃収入より大きくなれば不動産所得は赤字となり、 赤字部分を給与所得と損益通算できますので、所得税の還付を受け ることが出来るのです。 その他住民税でも比較的高い節税高価が得られます。
近年、まれにみる低金利の時代が続いております。 大手銀行などの定期預金や大手生命保険の利回りも期待できない のが現状です。 そんな中マンション経営は比較的高い利回りがあり、FXや株式 などと比べても抜群の資産運用となっています。
「快適性、安全性、利便性」の高いマンションは、安定した入居者 を獲得できますので、そのような物件は高利回りを実現し将来の 安定した収入にも繋がります。
メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ

不動産を通じてお客様の未来を創造する。
HOMEマンション経営中古マンション買取賃貸管理土地開発
会社概要お問い合せ採用情報プライバシーポリシー
Copyright© 2014 大阪で収益物件・マンション経営・中古マンション買取・なら未来レジデンス All Rights Reserved.